女性

ブログで脂肪吸引について調べる|情報集めが大切

肌を白くした上で保護

美容整形

焦がすことで除去

シミは、ダイオードレーザーの照射によって除去することが可能となっています。虫めがねを使って紙に太陽光を集めた時、白い紙よりも黒い紙の方が、スピーディに焦げていきます。これは太陽光に、濃い色に反応して熱を与えるという性質があるからです。そしてダイオードレーザーも、同じ性質を持っています。さらにシミは、メラニン色素が集まることでできているので、周辺の肌と比較すると色が濃いです。そのためダイオードレーザーを照射すると、シミのみが焦げていくことになります。魚は、焼くと皮が剥がれやすくなりますが、シミも焦がすことで、簡単に剥がれるようになります。そして剥がれれば、その下からメラニン色素の影響を受けていない、白く美しい肌が出てくることになるのです。

生まれたての肌

肌は、細胞分裂と排出によって、少しずつ生まれ変わっています。具体的には、まずは細胞分裂によって新しい肌が生み出され、その代わりに古い肌が垢として排出されていくのです。つまり生み出された新しい肌は、古い肌がなくなることで初めて、表面に出てくることになるわけです。そしてダイオードレーザーによってシミを除去した後に出てくる肌は、生み出されたばかりの状態です。本来ならまだ表面に出てこないはずの肌が、シミの除去によって引っ張り出されたわけです。生まれたてですから、この肌はデリケートで傷つきやすく、その分しっかりと保護することが必要となっています。刺激を与えないように、保護テープや軟膏などで覆っていれば、徐々に成長して丈夫な状態になっていきます。